以前にも書きましましたが、開業してから気付くことっていろいろありますよね。
事務作業などは最たるモノですが、医師・ケアマネジャーなど各医療関係者へのお手紙や療養費支給申請書の送付など、封筒を使うことってとても多いんです。
一口に封筒と言っても、文房具屋さんに行ってみると、実に様々な規格があることに驚かされます。
その中で最も多く使われているであろう規格が「長形3号」という規格です。
どのくらいかというと、A4サイズの紙を三つ折にするとちょうどすっぽり入るサイズです。
(ちなみに世界基準はA4サイズなんです。)
価格は最も安い茶封筒で100枚約300円程度です。が…
皆さんは大切な書類が茶封筒で送られてきたらどう感じますか?
重要な書類にもかかわらず、なんとなく粗末な感じがしませんか?
もちろん、茶封筒で書類を送っても何の問題もありませんし、とても経済的ですが、良い印象を与えるかと言われれば…う~ん…

そこで、自院のオリジナルの封筒を作ってみるのはいかがでしょうか?
印刷代などがかかってしまいますが、デザインは思いのままで、とても個性的で印象に残る封筒を作ることが可能です。
また、あらかじめ院の名前、住所、電話番号なども自由に記載できるので、差出人を書く手間も省けますし、紙質や印刷方法を変えることで中が見えにくくもできますし、破損も少ないため、個人情報の保護にも役立ちます。
さらには、患者さんなどが封筒を再利用で他の人に渡してくれたりすると一石二鳥どころか三鳥も???
封筒は単純に紙を入れるだけでなく、宣伝のためのツールにも使うことが出来るのです。

封筒以外にもいろいろ工夫し、個性的な院づくりを目指してはいかがですか?

鍼灸サポートでは安価に封筒やショップカード、名刺などの作製も行っています。価格などはデザイン料(同じ版で増刷の場合無料)と印刷代、送料のみですので、何度も作る場合にはお得になります。
詳しくはお問い合わせページよりお問い合わせください。