ちょっと前に某外食産業のカツが廃棄物として処理されたのに転売されていたという事件がありました。
このニュースでは「食品廃棄物」でしたが、我々の扱う「医療廃棄物」はきちんと処理していますか?

皆さんは、鍼灸治療に使用した、使用済み鍼などはどのように処理していますか?
当たり前ですが鍼灸治療で排出される廃棄物は適正に処理しなければなりません。

そもそも「廃棄物」とは何でしょう?
環境省の「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」によると次のような定義されています。
廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。
とされています。

また、廃棄物は「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類され、さらに一般廃棄物は「特別管理一般廃棄物」・「その他の一般廃棄物」に、産業廃棄物は「特別管理産業廃棄物」・「その他の産業廃棄物」に分類されています。
この中の特別管理産業廃棄物は、爆発性のもの、毒性のあるもの、感染性のあるものなど人の健康や生活環境に被害が出そうなものの事をいいます。

つまり?
「廃棄物」とは「ゴミ」のことであり、ゴミは「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類され、さらにそれぞれ分類されるということですね。
図にすると次のようになります。

廃棄物分類
図)廃棄物の分類

では、我々の扱う廃棄物とはどんなものがあるでしょうか?
使用済みの鍼などもありますし、血液の付いたガーゼなどもあるかもしれません。
お弁当ガラもあるでしょうし、消しゴムのカスもあるかもしれません。

テキトーに処分して良いものなのでしょうか?違反したら罰則があるのでしょうか?
この分け方と考え方を次回から数回にわたって解説していきます。