これまで、健康保険で払われるお金がどのように集められているのかを書いてきました。
今回はその逆で、どのように請求するかを見てみます。

保険料を請求するときには「償還払い」と言われる方法と「受領委任払い」と言われる2種類の方法があります。
償還払いは患者さんが施術費用の全額を支払い、健康保険組合など「療養費請求書」(正式名称は組合ごとに違うこともあります)に施術者の証明を受け、患者さんが健康保険組合に療養費を請求する方法です。この場合、施術者は健康保険証を確認する必要もありません。
それに対して、もう1つの「受領委任払い」は、施術者は保険証を確認したうえで、施術料の3割(保険の種類によって変わります)を患者さんから受け取り、残りを健康保険組合に請求する方法です。

これは、どちらか好きな方を選べるのではなく、健康保険組合によって支払方法が決められていますので、どちらの方法かわからない場合には該当の健康保険組合に確認してください。
また、当然ですが、あんま・マッサージ治療院(あんまマッサージ指圧師)に施術を受けた場合、疲労回復やリラクゼーションを目的としたもの・疾病予防のためのマッサージや保険医療機関に入院中の場合は療養費の請求はできませんので、注意してください。

これらの方法は、もともとの原則としては償還払いが原則です。
しかしながら、償還払いの場合、患者さんは施術料金を立て替えなければならず、これでは患者さんに一時的に経済的な負担をかけてしまいます。
これを軽減し患者さんの便宜を図る目的で制度化されたものが「受領委任払い制度」です。
受領委任払い制度は、「施術者が請求する権利」と考えている方もいらっしゃいますが、もともとは患者さんの権利です。間違えると世の中の仕組みを分かっていない恥ずかしい人になってしまうので、覚えてくださいね。

次回は受領委任払いの書類の書き方を解説します。