インシデント/アクシデントの実例5~インシデントレベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回もインシデントレポートのお話しです。
インシデントレポートにおいて分類はどのようなモノでも良いと書きましたが、事故の種類や施術内容などとの関連に関係なく、患者の命や健康を損なうような重大な事態が発生した場合には必ず記録を取った方が良いのは想像にたやすいかと思います。
しかし、どのようにレベル分けすれば良いのでしょうか?
サンプルを掲載してみます。

影響度

レベル 傷害の継続性 傷害の程度 傷害の内容
5 死亡 死亡
4 b 永続的 中程度~高度 障害や後遺症が残り、機能障害や美容上の問題がある
a 永続的 軽度~中程度 事故による障害が永続的に残った場合
3 b一過性 高度 事故のため継続的な治療が必要となった場合
a 一過性 中程度 事故のため一時的な治療が必要となった場合
2 一過性 軽度 事故により患者に変化が生じ、一時的な観察が必要となったり、
安全確認のために検査が必要となったが、治療の必要がなかった場合
1 なし 間違ったことが実施されたが、患者には変化がなかった場合
0 間違ったことが患者に実施される前に気づいた場合


例えばですが、お店の中に小さな段差があったとします。この段差に患者さんがつまづいて頭から壁に突っ込んでケガをしてしまったとしましょう。
医療過誤ではないのは明らかですが、その段差でつまづく人が多かったのに放置していたら、責任を問われる可能性はあります。

多くの場合、レベル3b以上は報告だけでなく、組織として再発防止に取り組むケースが多いです。また、過失による医療事故か医療過誤なのかの判断を行う必要が出てきます。
インシデント、アクシデントを起こさないようにするためには、日々の積み重ねが大切です。

前述の小さな段差の例も「施術に関係ないから」と放置するとアクシデントになってしまう可能性があります。
日々、記録を取って、安全な施術だけでなく安全なお店も目指してくださいね。
安全なお店は患者さんにしてみれば、安心できるお店ですし、細かい点に気を配っているのははたから見ても分かるものですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。