その他

領収書ってなに?

日頃、何気なく扱っている「領収書」ですが、これって何なんでしょうか?



良く考えてみると分からないことが多いものかもしれません。
・金額の前後ろに「¥」や「-」を書いて、改ざんされないようにする。
・日付を書かなけれないけない

などは当たり前のように知られていますが、領収書は何のために書いているか知った上で発行していますか?
領収書は「商品やサービスの代金・料金を支払ったことを証明し、支払済みの代金・料金の再請求されることを防ぐもの」です。
つまり、領収書は代金や料金を支払う側にとって有益な文書です。言い換えれば患者さんのためになる文書を発行していることになります。

これが、汚い字で全く読めないとどうなるか…
確定申告で医療費控除をしようとしても、「金額が分からなかったり、どこに支払ったわからない」という事態が起きます。
また、でたらめな金額を書いたり、空の領収書を渡すとどうなるか?
当然、払っていない医療費を計上して医療費控除を受ければ犯罪になります。

気軽に渡してしまいがちな紙ではありますが、こうなってしまうと患者さんに大変な迷惑をかけてしまいます。
領収書は1枚1枚大変ですが、しっかりと読めるように書きましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

知らないと恥ずかしい!領収書の書き方

領収書、ちゃんと書けていますか?
以前に「領収書ってなに?」で領収書とは何かを紹介しましたが、キチンと領収書をかけている方はどのくらいいるでしょうか?
患者さんによっては医療費控除などで提出する方もいらっしゃるので、変な領収書は出せないですよね?

まずはサンプルです。
領収書
一般的な領収書はサイズや各項目の位置の違いはありますが、だいたいこんな感じです。

それぞれの項目はどのような注意点があるでしょうか?
1.宛名
患者さんの名前をフルネームで確実に書いてください。別人の名前は絶対に書いてはいけません。
「上様」という表記も見かけますが認められない場合があります。

2.日付
必須の項目です。お金を受け取った日を書きます。お金を受け取っていないのに領収書は書いてはいけませんよ。

3.ナンバー
須ではありませんが、同じ番号をカルテや帳簿などにも書いておくと、後日調査した時にどの領収書かわかりやすくなります。
4.金額
受け取った金額を書きます。金額の前に”¥”、後に”-”を付けるなどして改ざんを防止します。また、3桁ごとにカンマを入れることで改ざんを防止します。
書き方は次のようなものがあります。 ◾¥○○○,○○○ー
◾金○○○,○○○也
◾¥○○○,○○○※

5.但書
「ただしがき」と言います。何の対価でお金を受け取ったかを書きます。「はり施術料(自由診療)として」のように書くとより正確です。

6.受取者の名前
自分のお店の住所と名前です。何も書いていないと領収書として無効になってしまいます。

7.その他
領収書に収入印紙は必要?」で紹介したとおり、施術に関しては収入印紙は不要ですが、治療に関係のない物品販売については収入印紙が必要になることもあります。
収入印紙を貼ったら必ず消印(割印という方もいます)をしましょう。また、治療に関係のない物品販売をする場合には領収書を分けましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

はじめに

はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師の世界は独特のものがあります。
でも、技術は学校で教わるけど、保険請求などの事務作業や病院やクリニックとの連携方法など実務的な部分は学校では教えてもらえません…

•鍼灸院、マッサージ院を開業したけれども事務がわからない。
•将来は独立もしたいけど、どのようにしたらいいかわからない。
こんな人たちをサポートして業界を盛り上げていけたらと思い、このサイトを立ち上げました。

また、このサイトでウンチクを語るだけでなく、使い勝手の良いもの、作業の効率化を図れるものを開発し、お届けしたいと考えてWEBショップの鍼灸サポート.comを立ち上げました。

皆様のお役にたてるサイトにしていきたいと思いますので、応援をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0