インフォームドコンセント

インフォームド・コンセント

よく聞く言葉に「インフォームド・コンセント」というものがあります。

でも、一番よく誤解されている言葉でもあります。

どのように誤解されているかというと・・・
「医療者が患者に説明をすること」と思われていることが多いのです。

Informにedがついているのはなぜでしょうか?
提供”された”情報をもとに患者が同意(Consent)するものなのに、
会話が一方通行になっていることもしばしばあるようです。

きちんと治療法のメリットやデメリットを説明して、患者さんが同意しなければ
「あの店に行っても、体は楽にはなるけど自分の話を聞いてくれないからねぇ・・・」となってしまいます。

次回からは患者さんとのコミュニケーション法について書いていきますね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インフォームドコンセントの第一歩(その3)

先日よりインフォームドコンセントに関する話題を綴っていますが、本日もその延長のお話です。

4月といえば新年度、新学期。
新しいことが始まる季節です。

知人に医療系の専門学校の教員をしている人がおり、新入生を迎えるワクワクやドキドキ、はたまたどんな授業や実習をしようかと思案している話を聞きました。
その中で、「医療従事者の教育も変わってきたんだな」と感じる話題がありましたのでお伝えしたいと思います。

皆さんはご自身の学生時代、そういえば実習中に名札を着用していたな、と思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今でもそれは変わらずに行われているそうで、もちろん、教員が学生ひとりひとりを把握するために着用させています。

しかし、その着用について「意義(意味・目的)」を指導された方はあるでしょうか。

実習中のルールというだけでなく、その教員曰く、名札の着用について4つのことを教えているとのことです。

1.自らの身分を明示することで、患者様に安心感を持ってもらう習慣を身に付ける
2.自らの身分を明示することで、仕事に対する責任を自覚する
3.所属を明らかにすることで仲間を認識し、協働(協力して仕事を行うこと)する意識を養う
4.上の1、2、3を通じて、将来有資格者として責任を持った施術を行う習慣を獲得する

なるほど、と思いました。
こんな当たり前のことですが、意味や理由を知って実行するのとしないのとでは、大きな違いがありそうです。

あはき師の養成においては、まだまだ徒弟制度のなごりが多くあり、教育という観点では不十分なケースもあると聞きます。
「見て学ぶ」「見て(技術を)盗む」「習慣の中で体得する」
こうした教育も学生の自主性や、将来有資格者となってからの自己研鑽の姿勢を養う上では不可欠な教育方法かもしれません。

ですが、患者さんという我々を頼って来院される方々のことを、その立場に立って考えた場合、意味も分からずにとった行動ではやはり信頼関係を深めることはできないのでしょう。

技術だけではない、人間性の高い施術者が、私たちの現場にこれから多く来てくれることを願って止みません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インフォームドコンセントの第一歩(その2)

皆さんは、診療中に名前や資格名を明記した名札やバッジをされていますか?
あるいは、初検の患者さんと名刺交換をしたことがありますか?

先日もお伝えした通り、免許証を持っていることを証明するカードが発行されます。
(はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の免許証そのものが運転免許証サイズになればもっと使い勝手はよいハズなのですが…)

この必要性を感じられた方、感じられなかった方それぞれかと思いますが、今回は患者さんの目線でこのニュースを考えてみたいと思います。

初対面の相手と会ったとき、まず自己紹介をしない人はいないでしょう。
ビジネスの場では、名刺交換と自己紹介から始まるのが当たり前ですね。



さて、医療現場ではどうでしょうか?
はじめての患者さんとどんな風に接しているでしょうか。

私自身の受診経験を振り返ってみても、「医師の○○です」とか「はり師の▲▲です」と言ってもらったことは「ほぼ」なかったなぁと思います。

どんな人に施術してもらうのか。
今までの日本人は医療や医療従事者に対する絶対的な信頼感を持っていましたので、「おまかせします」という感覚の患者さんが多かったのは事実です。
なので、担当者の氏名を知らなくても特別不安に思うこともなかったですし、「自分のこととはいえ、お医者様に要望を言うなんて・・・」という感じで、医師や医療従事者の言うがままということがほとんどでした。同じような感覚であはき師に対しても「お任せします」という患者さんが多かったのではないでしょうか?

しかし、今はどうでしょう?
患者さんの意識は大きく変わりました。
医療=サービス業のひとつ といった捉え方をする人も少なくありません。

どんな人なのか。
どんな治療なのか。
そもそも有資格者なのか。

「人 対 人」の基本的な関わりを患者さんは当たり前に求めているはずです。

話をカード型証明証の導入に戻しましょう。

患者さんが皆さんの元へ来院する場合にはその場に鍼灸師などが居る、という前提が患者さんの気持ちの中に(頭の中に)成り立っていますので、施術中に免許証を提示するという必要性はあまりないでしょう。

ところが、往療の場合はどうかというと、施術所の中のような掲示物がありませんので自宅に来てくれた医療者が誰なのか、ちゃんとした有資格者なのか、といった情報を得ることが困難な状態で施術を受けることになります。
残念なことに、無資格者の施術が後を絶たない状況を考えてみても、皆さんたちの身分を明らかにすることで患者さんに安心した施術を提供することができると言えます。

立場をキチンと明かすことは、患者さんに理解してもらい安心してもらうという意味ではインフォームドコンセントの第一歩です。
今回のカード型免許証導入は、こうした患者さん目線でのメリットも大いに考えられると感じられました。


鍼灸サポートでは、オリジナル名刺、名札の作成や施術者の紹介ポスター等の作成も承っています。
ぜひご相談ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インフォームドコンセントの第一歩

先日「あはき師に免許証所有の証明カードが発行されることになった」というニュースがありました。
これまでのB4版の免許証に加えて、免許を持っていることを証明するカードが発行されるとのこと。

ところで、患者さんは有資格者と無資格者の違いって分かるのでしょうか?
患者さんに分かるように説明できますか?

「保険」という条件を使わずに資格制度のことを知らない患者さんに「伝わる」説明を考えてみてください。
もちろん「国家資格を持っているか、いないか」ではダメです。どのように違いがあり、どのようなメリット、デメリットがあるのかまでキチンと説明できるよう考えてみてください。また、他の職種を貶めるような言葉も使わないでくださいね。


これが正解という答えはないのですが、なかなか難しいものだと思います。
でも、こういった説明ができるようになり、患者さんの理解が得られるようになることがインフォームドコンセントの第一歩となります。

難しいと思う説明を考えるのは寝る前の10分間でもできます。
毎日トレーニングすることで、スラスラと答えが出るようにもなりますので、お試しあれ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0