みなさんは施術後に領収書の発行はしていますか?
患者さんによっては月ごとにまとめて発行する場合もあるかもしれません。

実は領収書は民法という法律で次のように規定されています。「弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる。」
なんだか難しいですね。平たく言えば、「お金を払った人は、お金を受け取った人に領収書の発行を請求できる」と言うことです。考え方としては例外もありますが「領収書を発行しないのであれば、お金を払わないと拒否できる」と解釈されます。

ところでこの領収書ですが、一般に「領収証は額面が5万円(平成26年4月1日より前は3万円)を超えると収入印紙が必要になる」という方が多いのですが、本当でしょうか?
領収書の端っこに200円の印紙を貼って印を押したものを見たことがある方も多いと思います。

実は鍼灸やマッサージの施術の場合には印紙は必要ありません。
国税庁の印紙税法基本通達の中に次のように決められています。

医師、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、保健師、助産師、看護師、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、獣医師等がその業務上作成する受取書は、営業に関しない受取書として取り扱う。
(平13課消3-12、平14課消3-7改正)

ということで、鍼灸院の治療に関しては収入印紙は必要ありません。
領収書発行の手間が少し楽になりますね(^^

ただし、治療と関係のない売上(「店先によそのお店の看板を置いて代金をもらった」など)の場合には収入印紙は必要ですので注意してくださいね。