雑記

湯島聖堂

今年のはり師、きゅう師の国家試験まであと一週間。
受験生の皆さんはラストスパートでしょうか。鍼灸サポートのメンバーも応援しています!!
今回も受験勉強のノイズにならないような内容です。

さて、今日の記事は、このブログにしては珍しく写真メインでお届けします。
前回のブログでは受験シーズンに合わせて湯島聖堂についてご紹介しましたが、またまた仕事で御茶ノ水へ出かけるチャンスがあったので、再び訪れてみました。

湯島聖堂の入口、杏壇門(きょうだんもん)。
杏壇門

その脇には白梅が満開でした。
ウメ

湯島聖堂のメイン、大成殿(たいせいでん)。平日の昼下がりは人も少なく、とても静かでした。
大成殿

かつて学びの場であったその空気を引き継いでいるような、凛と張りつめた心地よい静寂が、学ぶことに対して真摯に向き合い、集中させてくれる空間を作り出しているようでした。

やはりたくさんありましたよ。合格祈願の絵馬。
絵馬

皆さんの頑張りが実を結び、花開きますように!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鍼灸祭

2月も半ばとなり、先日ご紹介した国家試験もシーズン本番
受験される方は来週ですね。頑張ってくださいね

今回のブログもちょこっとお勉強ネタを交えて…
でも、ここの所長い話題が多かったので簡単に・・・

先日、仕事で外出した先の近くに湯島聖堂がありました。
首都圏で活動されている方はご存じでしょうか、JR御茶ノ水駅からほど近い史跡です。
湯島聖堂は、学問の神様として知られる菅原道真公をお祀りしている「湯島天満宮(湯島天神)」ではありません。どちらも同じ湯島の地にありますけれどね。

湯島聖堂の歴史は江戸時代に始まります。
五代将軍徳川綱吉が儒教の振興を図るために設立したことに始まり、幕府直轄の学問所として「昌平坂学問所」が開かれたのです。

私自身、大学受験の会場がこの近くの学校でしたので、受験当日に湯島聖堂と湯島天神を欲張りにも両方訪れて合格祈願をしたことがあります。
もうずいぶんと月日が経ちましたが、懐かしく思い立ち寄ってみました。

湯島聖堂については先述のような学問所としての歴史しか知りませんでしたが、実は鍼灸についても関わりの深い場所であることを、今回の立ち寄りで思いがけず知ることとなりました。

湯島聖堂では毎年5月に鍼灸祭というお祭りを行っているそうです。
もともとは浅草で昭和40年から昭和59年まで行われていたお祭りですが、その後20年ほど途絶えてしまったそうです。それを湯島聖堂で復活して現在まで行われているとのことです。
今まで参加したことはありませんでしたが、これも何かのご縁を感じます。
今年はこの業界に微力ながらも関わらせていただいている感謝を込めて訪れてみたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

手洗いの方法2

今回も「手洗い」について書いていきます。

さて、この「手洗い」ですが、手順は前回解説した通りですが、しっかりとできていますか?

念のためにもう1回手順を書いてみます。

1.洗う部分を流水で濡らします。
2.薬用石鹸や消毒薬などを手のひらに適量とります。
3.手のひらをこすり合わせて洗います。
4.手のひらを使い反対の手の甲を洗います。(左右両方)
5.指の間(特に指の付け根の部分)も忘れずに洗ってください。
6.当然、指も洗います。
7.親指も(反対の手で握るようにして)しっかり洗いましょう。
8.指先と爪の間も(ブラシを使って)洗います。
9.手首も洗います。(場合によっては肘あたりまで洗うこともあります)
10.流水で洗い流します。
11.ペーパータオルなどでふきましょう。(他の人の使った濡れたタオルはNG)

この中で意外とできていないのが、7番以降の手順です。
皆さん、手のひらと手の甲まで洗って、念のために指までは洗うのでしょうが、親指を洗い忘れていたり、手首を忘れていたりするようです。
また、爪の間もブラシを使うのが面倒くさくてサボる人も多いように見受けられます
さらに言えば、「細菌の数=清潔度」と勘違いしている方が増えているせいかもしれません。
最近はどこに行っても「除菌」だの「殺菌」だのと耳にたこができるくらいに聞きますが、細菌には有害なものもあれば無害なものもあります。
ヨーグルトや納豆などの発酵食品は同じ菌でも体に悪影響を出す物ではないのはみなさんご存知の通りです。

ところで、手を洗った後は、その手をどのようにしていますか?
1.ペーパータオルでふく
2.タオルやハンカチでふく
3.ハンドドライヤーで水けを飛ばす
このどれかだと思いますが、この中で菌の数だけを考えると一番汚いのはどれでしょう?

答えは2です。
1のペーパータオルは使い捨てなので、特に問題は無いでしょう。
3のハンドドライヤーも「手を汚している」と言う人もいますが、人体に悪影響を出すほど菌は増えません。
2のタオルやハンカチが一番菌が増殖するのです。

条件を整えた上での実験結果ですが、大腸菌は約20分に1回増殖すると言われます。
ということは、タオルで手を拭きそのまま放置しておくと。。。。恐ろしい数の大腸菌が増殖していることになります。
大腸菌が人体に付着したからと言って、すぐに悪影響が出るわけではありませんが、ペーパータオルやハンドドライヤーと比較してもタオルやハンカチは比較にならないことは容易に想像がつくかと思います。
手洗いの時にはできるだけキレイなタオルを使ってリスクも減らしておきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

手洗いの方法

今回も更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
スタッフがインフルエンザで倒れてしまっておりました。
先週からインフルエンザが急激に増えてきているようですので注意してくださいね。

インフルエンザはご存じのとおり飛沫感染します。
また、ウィルスのついた手でドアノブを触ることにより、別の人がドアノブを触り、手を洗わないまま自分の花や口を触ることでも感染することがあります。

「うがい・手洗い」は基本であることを再認識させられます。。。

さて、この「手洗い」ですが、ちゃんとできていない方が以外にも多いものです。

1.洗う部分を流水で濡らします。
2.薬用石鹸や消毒薬などを手のひらに適量とります。
3.手のひらをこすり合わせて洗います。
4.手のひらを使い反対の手の甲を洗います。(左右両方)
5.指の間(特に指の付け根の部分)も忘れずに洗ってください。
6.当然、指も洗います。
7.親指も(反対の手で握るようにして)しっかり洗いましょう。
8.指先と爪の間も(ブラシを使って)洗います。
9.手首も洗います。(場合によっては肘あたりまで洗うこともあります)
10.流水で洗い流します。
11.ペーパータオルなどでふきましょう。(他の人の使った濡れたタオルはNG)

実はこれでも最低限です。ちゃんと全行程を実行できていますか?
カッコで書いた部分の意味も忘れていませんか?

次回はもう少し詳しく解説していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

本年もよろしくお願いいたします

2016年がスタートしました。

皆様にとって、今年はどのような年になるでしょう?
どのような年になることを願っていらっしゃいますか?

鍼灸サポートでは、皆様のお役にたち、「あの情報があってよかった。」「あのカルテがあって便利だった。」などと言われるような年にしたいと考えています。

名前の通り、サポートをするのが仕事ですので、皆様の活躍をお祈りしております。
本年も頑張ってまいります。本年もよろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

2015年の年末によせて

今年もあとわずかで終わりです。
皆さんにとってどのような一年間だったでしょうか?
今年は、鍼灸マッサージに関してはとても喜べないニュースもありました。業界的全体でみれば一般の方からは不正を行っている業界と思われてしまいかねないニュースでした。

我々はカルテの販売サイト「鍼灸サポート.com」を開設し、 鍼灸マッサージに役立つ情報も提供しようとこのブログを開設しました。

鍼灸サポート.com」はカルテと便利グッズしか扱っておらず、がっかりされた方もいらっしゃるかもしれません。
残念ながら、この商品数は徐々に増えていくことはあっても急激に増えていくことはありません。
それは、はり・きゅう・マッサージを業としているかたに「あったらいいな」と思われるものを地道に提供し、役に立てていただきたいと考えているからです。
派手に広告宣伝をすることもありませんし、鍼などを大量に仕入れて安売りすることもありません。なので、売り上げも微々たるものです。
しかし、販売している商品によって業務効率があがり、患者さんに還元されることで、業界をもっと活気づけたいと考えております。
来年はまた何かしらお役にたてる商品を出していこうと考えています。
「こんなのがあったら便利だな」というアイデアがありましたらぜひお寄せください。

ブログの内容も自分とは考えが違うと思われた方もいらっしゃるかもしれません。おかしなことを書いたかもしれません。
また、至らない点も多くあったかもしれません。
でも、ひとつひとつを積み上げて、よりみなさんに良い情報を提供できたらと考えております。


これからも、皆様のため、業界のため、その先には患者さんのためになればと思っておりますので、来年もご支援いただければ幸いです。
ブログは少々早いお休みをいただきますが、来年もよろしくお願いいたします。
年明けは10日よりブログを再開します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

医師から見た鍼灸マッサージ(前提編)

仲良くさせていただいている医師に、医師の立場から鍼灸マッサージはどう見えるのか?聞いてみました。

一般的なイメージとして、

・理論がわかりにくいので、東洋医学的な考え方の説明が欲しい。
・西洋医学の常識と違うステージなので、一緒のチームとして患者さんに対応するのが難しい。
・鍼灸マッサージ師からの手紙は「東洋医学ありき」で書かれていることがあり、内容を読んで理解するより検査をしてしまった方が早い。
・医者の立場としては整形外科と分野がかぶる部分があるので、積極的には奨めにくいところがある。

というイメージがあるそうです。

特に患者さんの紹介や検査依頼があるときに、先日の投稿「カルテの書き方3(SOAPとは?)」のように「西洋医学的なカルテの書き方をしているだけでも患者さんの状態が把握しやすくなるので、仕事がしやすくなる。」との事でした。
チームで患者さんの治療にあたるのであれば、「伝える」だけでなく「伝わる」ような文章の書き方が必要ですね。





お知らせです。

WEBショップ 鍼灸サポート.comで、カルテ製品20%offセール中です。
「施術録100枚入り」、「経過記録100枚入り」、「施術録・経過記録各50枚入りセット」ともに
通常価格740円(税別)が592円(税別)に、
「施術録50枚入り」、「経過記録50枚入り」が
通常価格400円(税別)が320円(税別)になります。
この機会にぜひお買い求めください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

合格発表の日ですね

今日ははり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家試験の合格発表日ですね。柔道整復師も今日が発表日です。
なので、少し内容も軽めに・・・

受験された方、結果はいかがでしたか?


試験に合格しても、既に試験に合格していても、いつかは初めての症例に出会うこともあります。
先日、病院で診察を受けたけれど、病名も症状名もつかず、原因もわからなかった方が鍼灸院を訪れ、鍼を打ったら良くなったという例を見ました。
はり師の方も仕事に就いてからはじめて見るようなひどい状態だったそうですが、これまでの、経験をフルに活かして施術をされたそうです。

はり師もきゅう師もあん摩マッサージ指圧師も日々の経験が積み重なって次に活かされる仕事なので、ぜひとも日々の患者さんを大切にしっかりとみてください。
そうすると5年後、10年後には経験が蓄積され、患者さんに「あの鍼灸院は施術も的確でとても良いよ」と言われるようになる”かも”しれません。(^^

「試験が終わったばかりのに、また勉強かよ!?」そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、その通りなんです・・・。
鍼灸マッサージの仕事に限らず、どんな仕事でも仕事を続ける限りはなんらかの勉強がずっと続きます。
慢心せずに、素晴らしい施術ができる方になってくださいね。このサイトでも情報を提供して支援していきます。

合格された方々、おめでとうございます。これから、有資格者としてお仕事されることと思いますが、素晴らしい未来になりますようお祈りいたします。
初心を忘れず、これからも技能を高めて、多くの患者さんに喜ばれるような施術者になってくださいね。(^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0