掃除をする場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回はお店の掃除について書いています。
みなさんはお店の掃除はどのような場所を中心に掃除されますか?
広いところ、ベッドの下、部屋のすみ、トイレなどいろいろありますが、お店の前もちゃんと掃除していますか?
また、「向こう三軒両隣」というような言葉もありますが、ご近所付き合いもできていますか?

この「向こう三軒両隣」ですが、意味を誤解している方も結構いるので念のために説明しておくと、
自分の家の向かい側三軒と、自分の家の両隣を指します。自分の家から駅の方に向かって3軒とかではないですよ。

向向向
道道道
隣自隣

こう書くとわかるでしょうか?

話は脱線しましたが、仕事柄か鍼灸マッサージに関係するお店の前を通ると、どんなお店か気になります。
よくよく観察してみると、自分のお店の前だけはキレイになっているところもあれば、隣も含めてキレイに掃除されているところもあります。
中にはお店のチラシが散乱していてもお構いなしのお店もありました。
ひどいところになると、缶ジュースの缶を灰皿にしてお店の前に置きっぱなし。スタッフが出てきて灰皿として使っていたところもありました。
これって、患者さんから見たらどう映るでしょうか?
汚いお店に人は来ません。


たとえばの例を出してみましょう。
お店の前の掃除の状況が違うお店がありました。この中で、新患が一番多いのはどのお店でしょう?口コミや広告などがない前提で考えてみてください。
A店:施術の腕では非常に優秀だが自分のお店の前も両隣もゴミが散乱していて汚い状態。
B店:施術の腕は並で、自分のお店の前はキレイに片付いている。でも、両隣はゴミが落ちている。
C店:施術の腕は並で、自分のお店の前と両隣のお店の前もキレイに掃除が行き届いている。

どうでしょうか?
A店でないことは確かでしょう。
では、B店かC店となりますが、初めての患者さんの気持ちになって考えてみると少しでもキレイなお店に行きたいと思うのが人情です。
少しでも新患を増やすためには・・・多少の努力も必要かもしれませんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。