手洗いの方法2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回も「手洗い」について書いていきます。

さて、この「手洗い」ですが、手順は前回解説した通りですが、しっかりとできていますか?

念のためにもう1回手順を書いてみます。

1.洗う部分を流水で濡らします。
2.薬用石鹸や消毒薬などを手のひらに適量とります。
3.手のひらをこすり合わせて洗います。
4.手のひらを使い反対の手の甲を洗います。(左右両方)
5.指の間(特に指の付け根の部分)も忘れずに洗ってください。
6.当然、指も洗います。
7.親指も(反対の手で握るようにして)しっかり洗いましょう。
8.指先と爪の間も(ブラシを使って)洗います。
9.手首も洗います。(場合によっては肘あたりまで洗うこともあります)
10.流水で洗い流します。
11.ペーパータオルなどでふきましょう。(他の人の使った濡れたタオルはNG)

この中で意外とできていないのが、7番以降の手順です。
皆さん、手のひらと手の甲まで洗って、念のために指までは洗うのでしょうが、親指を洗い忘れていたり、手首を忘れていたりするようです。
また、爪の間もブラシを使うのが面倒くさくてサボる人も多いように見受けられます
さらに言えば、「細菌の数=清潔度」と勘違いしている方が増えているせいかもしれません。
最近はどこに行っても「除菌」だの「殺菌」だのと耳にたこができるくらいに聞きますが、細菌には有害なものもあれば無害なものもあります。
ヨーグルトや納豆などの発酵食品は同じ菌でも体に悪影響を出す物ではないのはみなさんご存知の通りです。

ところで、手を洗った後は、その手をどのようにしていますか?
1.ペーパータオルでふく
2.タオルやハンカチでふく
3.ハンドドライヤーで水けを飛ばす
このどれかだと思いますが、この中で菌の数だけを考えると一番汚いのはどれでしょう?

答えは2です。
1のペーパータオルは使い捨てなので、特に問題は無いでしょう。
3のハンドドライヤーも「手を汚している」と言う人もいますが、人体に悪影響を出すほど菌は増えません。
2のタオルやハンカチが一番菌が増殖するのです。

条件を整えた上での実験結果ですが、大腸菌は約20分に1回増殖すると言われます。
ということは、タオルで手を拭きそのまま放置しておくと。。。。恐ろしい数の大腸菌が増殖していることになります。
大腸菌が人体に付着したからと言って、すぐに悪影響が出るわけではありませんが、ペーパータオルやハンドドライヤーと比較してもタオルやハンカチは比較にならないことは容易に想像がつくかと思います。
手洗いの時にはできるだけキレイなタオルを使ってリスクも減らしておきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。