傷病名と症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
傷病名と症状の違いはしっかり理解できていますか?

先日、コンサル先でこんな事例がありました。
医師に同意書の記載をお願いするための書き方サンプルを作成したところ、傷病名に「後遺症」と書かれていました。

これは傷病と症状が良く分かっていないと言える例です。
療養費の支給申請をする際に傷病名と症状の違いが分かっていないと馬鹿にされてしまいますし、医師に診察を依頼したとしてもこの違いがしっかり分かっていなければ、「基本も分かっていない人」として医療従事者ともみなしてもらえないでしょう。

まずは、傷病と症状の違いを整理してみます。

「傷病」
「傷病」とは「疾患」と「外傷」を総称した名前です。
正常な身体機能や形態が何らかの原因によって損なわれた状態のことを言います。
例えば、「骨折」であればあきらかに外傷なので、傷病名になります。




「症状」
症状は病気にかかったときに認められる変化を総括した名前です。
発熱、悪寒などの「自覚症状」と検査をしてわかる「他覚症状」があります。
たとえば足を骨折したことにより腰に痛みが出ている場合、腰の痛みは症状です。


大まかにはこんな感じですが、別の言い方をすれば、「傷病はICD10(国際疾病分類第10版)に記載があるも」のと考えると良いかもしれません。もちろん例外もありますのでご注意くださいね。
たとえば、「腹痛」は症状ですが、「腹痛症」とすると傷病名となる例もあります。


話は戻って、この傷病名ですが、「脳内出血による後遺症」であれば傷病名として成立します。
しかし、「後遺症」では何の後遺症かわかりませんし、後遺症によって何が起きているかもわかりません。レセプトの点検をされた時に、傷病名と施術内容などの整合性が問われ、「適応病名無し」と査定されて返戻される可能性も少なからずあります。
同意書をすべて鵜呑みにするのではなく、自分でもチェックできるようになると、より正確な療養費請求ができるようになります。
自分でできる幅を広げていきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。