保険のおはなし(保険の種類)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「保険」と言うと何を思い浮かべますか?
「死亡保険金」と思う方、正解です。
「医療機関での支払いが減るもの」と思う方、正解です。

ただ、この2つには大きく違うところがあり、前者は生命保険や損害保険などが該当し、後者には医療保険や健康保険が該当します。
もちろん我々が扱うのは健康保険ですので、健康保険の仕組みについて解説していきます。

我々が扱う医療保険は主に2つに分けられます。
1つは公的医療保険、もう1つは民間医療保険の2種類です。
公的医療保険とは健康保険のことです。
健康保険は、公的な制度で基本的には全員が強制加入です。
これによって、「病院での支払いは3割」という話が出来上がります。
それに対して2の民間医療保険は、民間の保険会社が販売している医療保険です。
民間の会社が販売している商品ですので、強制ではなく入りたい人が申し込んで入るタイプの保険です。

健康保険を管理監督するのは、全国健康保険協会または健康保険組合です。
また国民健康保険を運営しているのは市町村です。
この市町村を保険者といい、健康保険に加入する労働者を被保険者といいます。
健康保険は主にサラリーマンなどが加入し、国民健康保険は自営業者や年金生活者などが主に加入します。

今後は、健康保険の協会や組合ごとに見てみます。
大きく分けると保険者には3つの組織があります。
1)全国健康保険協会
2)健康保険組合
3)市区町村

1)全国健康保険協会
全国健康保険協会が保険者となっている場合の健康保険を全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)といいます。
保険者である協会は、被保険者の保険料を適用事業所ごとに徴収したり被保険者や被扶養者に対して必要な社会保険給付を行ったりします。
2)健康保険組合
健康保険組合が管掌する場合の健康保険を組合管掌健康保険といいます。
3)市区町村
市区町村が保険者となっている場合の健康保険を国民健康保険といいます。
どれであっても主な機能は変わりません。健康保険の主な機能は次の通りです。
•医療費の自己負担割合は1~3割
•高額療養費制度
•傷病手当金(国民健康保険にはこの制度はありません)
•出産育児一時金

ここまでザックリとですが、自分たちの扱う保険にどのような種類があるか理解できましたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。