報告書は書きますか?

医師やケアマネージャーから紹介や依頼を受けて鍼灸マッサージの施術をした後、紹介元や依頼元に報告書を書いていますか?
書いていない方が多いと思います。

もちろん報告書を提出する法的義務はありませんので、処罰されるようなことはありません。
しかし、紹介や依頼をした側から見ると報告書はどう映るでしょうか?
もちろん、報告書があった方が「なるほど、このような状態なのだな。こちらではこのように対応しよう。」のように対応ができるだけでなく、「あの院はしっかりと対応してくれるので、また別の患者さんもお願いしよう。」と思ってくれるかもしれません。

ただ、報告書の中身も気を付けなければいけません。
報告書の内容が「今日もいつも通りでした。」では意味が分かりませんし、「この人にはお願いできない」と思われてしまうでしょう。

SOAPに乗っ取って報告書が書ければ良いのですが、それが難しい場合には「ご指摘いただいていました○○に硬縮が見られ、○×の動きに固さがあるので、主にどこの筋肉をマッサージしました。」でもいいかもしれません。

このような報告書があると医師に鍼灸マッサージの再同意をしてもらいたいときに、再同意の依頼書と前回の同意からの報告書も添付すれば、医師も同意しやすくなります。

「再同意してください。」
「前回からこんな施術をしてこのようになっています。ですが、完治はしていないので再同意お願いします。」
比べてみると印象は全然違いますよね?
実務上、時間が取れないことも多々あるかと思いますが、報告書がサラサラと書けるとお店の発展にもつながりますよ。

紹介状の宛名書き(その2)

以前に「御侍史と御机下」で紹介状の宛名の書き方を紹介しました。

この例では担当の医師が「大熊猫 太郎 先生」のように名前が分かっていれば良いのですが、名前が分からないこともありますよね?
無理に「○○先生御侍史」と書いてしまうと、受け取った側の医師が「○○先生って書いてあるから俺じゃなくて○○先生に診てもらって」と言うかもしれません。○○先生がお休みの日だと患者さんは再度出直さなければなるかもしれません。

そんな時はどう書けば良いのでしょうか?


御担当先生御侍史」(御机下でも可)

これでOKです。
これなら紹介状を受け取った医師も「自分が担当だという気持ちになり」責任をもって診察してくれます。

もし、指定の病院や診療科があるのであれば、

○×病院 ××科 御担当先生御侍史」(御机下でも可)

と書けば良いのです。

良く見かける間違いは
・○×病院に御中 ○○先生
・○○先生様
・先生各位
ですが、全部間違いです。
最初のは、御中は組織宛、先生は個人宛の敬称で、重ねて使うことはありません。
先生様は「先生」も「様」もどちらも敬称なので、敬称を二重に使っています。
最後のは一斉配布文書のようなもので使われることはあっても手紙には使わない敬称です。

宛名もしっかり書けないと「私バカでーす」と言っているように見えたり、「患者さん診といてね。よろしくっ!」と上から目線で見られているように感じたりもします。
書類の名前は「紹介状」という名前であっても「患者さんの診察をお願いします」とお願いする立場なのですから、しっかりと宛名が書けるようになりたいですね。

職人の視点、経営者の視点

今日はちょっと経営者サイドの目線です。
資格を持っていれば誰もが一度は考えるであろう独立開業。
「でも、開業までの手続きとか、会計とか法律とかわかんないし…」と思っている方も多いようです。

具体的な手続き方法などは別の機会の書こうと思いますが、開業すると自分自身は「経営者」になります。
「経営者」になるためどんなことが必要でしょうか?
経営者になるために持つべき視点というものはあるのでしょうか?

まず前提として、経営者は誰でもなれますが、経営者として成功できるかと言うとそうでもありません。
資格を取っていきなり経営者になる人もいますが、多くの方は他の人の経営するお店で修業されることでしょう。
ここで、いろいろな技術などを学び、独立開業に向けて勉強されるのが一般的かと思います。

実はこの、「他の人の経営するお店で修業」の時に職人としての道を進むか、経営者としての道を進むかの分岐点があるのです。
職人と経営者の違いは何かと言うと、
経営者職人
お店全体と将来までもを考える細部にこだわる
お店が発展するための方法を考える何の仕事をするか考える

こんな傾向があるようです。
当然、経営者と従業員では考えていることも違い、意見の相違も出るかと思います。しかし、この違いをお互いが認識してお互いが尊重できると強いお店になれそうですね。
お付き合いのある鍼灸マッサージ師の方々も事業のビジョンを大切にする方ほど成功するように感じています。
自分のお店を持ちたいという方は、「自分が何をしたいか」ではなく、「自分がしたいことを実現するために何をするか」を考えるといいお店づくりができるのかもしれませんね。
経営者を目指したいか職人を目指したいか、日々の業務の合間に自分の視点はどこにあるか考えてみてください。

気遣いの基本(ちょっとした気づき)

これまで、患者さんとの信頼関係についての記事を何度か書いてきました。
患者さんに自分の施術を気に入ってもらうことはとても大切なことですが、患者さんと信頼関係を築けないと来院してもらうのは難しいでしょう。
どうしたら患者さんとの信頼関係を築けるかは「」でご紹介しました。

でも、それだけで良いのでしょうか?
患者さんは話を聞いてもらえるだけで気分良くなるでしょうか?
答えは”No”です。

なぜでしょう? 人は自分の期待していることをして貰えれば嬉しいものですが、「自分の期待値+1」のサービスがあったらどう思うでしょう?
単純に「もっと嬉しい」と思ってくれるでしょう。

その”プラス1”は人によって違うものですが、たとえば「気遣い」がこれに当たります。
気遣いというと、どうしても患者さんに「どうしたらいいんだろう?」と思ってしまうものですが、実はそんなに難しいものではありません。
単純に「相手の立場になって考えればよい」のです。

たとえばですが、院内ではよく手ぬぐいを使うと思いますが、この柄は気にしていますか?
患者さんの好みを理解して患者さんの好みの手ぬぐいを使うのも1つの気遣いです。

極端な例ですが、
ウサギやネコが好きな患者さんに施術するときに迷彩柄の手ぬぐいを使っても嬉しくないでしょうが、ウサギの柄の手ぬぐいであればどうでしょう?
逆にミリタリー好きの患者さんに迷彩柄の手ぬぐいを使えば喜んでもらえるでしょうが、メルヘンな感じの手ぬぐいの柄ではちょっと恥ずかしくなってしまうかもしれません。

柄のイメージを並べてみます(あくまでもイメージです)
【迷彩柄】
使えるシーンは限られますね。
使えるシーンが限られる分、ウケた時の反応は大きいです
【ウサギ】
季節を考えないと使いづらいですね
季節が合えば風情もある感じられますね
【ウサギ】
無難な柄を選ぶの考え方の1つです
いつでも使える分、風情は感じにくいかもしれません

もちろん無難に和の柄の手ぬぐいを使うのも手ですが、こんなところで患者さんが喜んでくれれば大した手間もかかりませんし、話題を作れるかもしれませんね。
ちょっとした気づきで患者さんの反応は大きく変わるものです。他にも気づいたことがあればぜひ挑戦してみてくださいね。

「話し上手」と「聞き上手」どちらになりますか?

皆さんは「話をする」のと「話を聞く」のとどちらが得意でしょうか?
多くの人は「おしゃべりは好きだけど、人に分かるように話をするのは苦手」や「上手に話せるようになりたい」と思うのではないでしょうか?

さて、鍼灸マッサージの施術を受けにくる患者さんは施術の効果はもちろんのこと、施術者に何を求めているでしょうか?
実は「話を聞いてほしい」という思いを持っている方が少なくありません。
本来、人間はコミュニケーションを取る生き物であり、話すことは好きであるはずです。
上手に話をすることが出来なくても、話すこと自体、場合によってはおしゃべりが嫌いという方は多くないと思います。
お爺ちゃん、お婆ちゃんが孫の話を始めると延々と話が続いて終わらないように、誰でも自分の話を聞いて欲しいと思うものです。特に悩みや愚痴は聞いて欲しいと思う内容のトップです。

ここで、「ん?悩み?」と気づいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

身体の調子が悪いのも悩みの1つです。患者さんに上手に話を振ってあげれば、患者さんは自分の身体の話をしてくれ、思いがけず治療の助けになる情報を聞き出だせることもあります。
患者さんも一方的に質問攻めにされるよりもゆったりとした気持ちで自分の思いを話せた方が施術者を信頼しやすい傾向もあります。これは病院で人の話を聞かないドクターより、話を聞いてくれるドクターの方が人気があるのと同じです。
たとえばですが、自分から「膝の調子はどうですか?」と聞いても患者さんは「膝はまだ痛みます。」としか返ってこないかもしれませんが、「スーパーまで歩かれたんですね?買い物に不自由はありませんでしたか?」と聞くと「膝はずっと痛いけど、買い物カゴを持っていると腰が痛かった」と返ってくるかもしれません。
患者さんにしてみれば、施術中に治療の理論を延々と繰りしゃべられても自分の理解のキャパを超えてしまいます。むしろ、自分の無駄話に付き合ってくれた鍼灸マッサージ師の方がよっぽど好感がもて、結果として「この人はいい人だから、また施術をお願いしたい」と思われることも出てきます。

実は自分が話し上手になるよりも、相手にたくさん話してもらえる「聞き上手」の方が、患者さんから喜ばれやすいのです。
患者さんの話をじっくり聞くことができれば、患者さんの抱えている本当の問題や悩みが分かり、望まれている施術を行うことが出来るようになります。

このように、話し上手になるよりも、聞き上手になった方がメリットは大きいものです。まったく喋らないのは別の問題ですが、話し上手になれずとも、ぜひ聞き上手になってください。その方が患者さんにも自分にもメリットは大きいはずですよ。

インフォームドコンセントの第一歩(その3)

先日よりインフォームドコンセントに関する話題を綴っていますが、本日もその延長のお話です。

4月といえば新年度、新学期。
新しいことが始まる季節です。

知人に医療系の専門学校の教員をしている人がおり、新入生を迎えるワクワクやドキドキ、はたまたどんな授業や実習をしようかと思案している話を聞きました。
その中で、「医療従事者の教育も変わってきたんだな」と感じる話題がありましたのでお伝えしたいと思います。

皆さんはご自身の学生時代、そういえば実習中に名札を着用していたな、と思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今でもそれは変わらずに行われているそうで、もちろん、教員が学生ひとりひとりを把握するために着用させています。

しかし、その着用について「意義(意味・目的)」を指導された方はあるでしょうか。

実習中のルールというだけでなく、その教員曰く、名札の着用について4つのことを教えているとのことです。

1.自らの身分を明示することで、患者様に安心感を持ってもらう習慣を身に付ける
2.自らの身分を明示することで、仕事に対する責任を自覚する
3.所属を明らかにすることで仲間を認識し、協働(協力して仕事を行うこと)する意識を養う
4.上の1、2、3を通じて、将来有資格者として責任を持った施術を行う習慣を獲得する

なるほど、と思いました。
こんな当たり前のことですが、意味や理由を知って実行するのとしないのとでは、大きな違いがありそうです。

あはき師の養成においては、まだまだ徒弟制度のなごりが多くあり、教育という観点では不十分なケースもあると聞きます。
「見て学ぶ」「見て(技術を)盗む」「習慣の中で体得する」
こうした教育も学生の自主性や、将来有資格者となってからの自己研鑽の姿勢を養う上では不可欠な教育方法かもしれません。

ですが、患者さんという我々を頼って来院される方々のことを、その立場に立って考えた場合、意味も分からずにとった行動ではやはり信頼関係を深めることはできないのでしょう。

技術だけではない、人間性の高い施術者が、私たちの現場にこれから多く来てくれることを願って止みません。

医療過誤とコミュニケーション

最近、病院における医療過誤や事故のニュースが多く取扱われていますが、鍼灸マッサージ院ではどうでしょうか?

ニュースでトップニュースで伝えられるような事故や、新聞の1面に載ってしまうような大きなものはなかなか見かけませんが、細かい点で見れば全国でかなりの数の過誤や事故は起きているようです。
法律的には病院であろうと診療所であろうと鍼灸マッサージ院であろうと、患者さんに治療を行う以上は、医療過誤と完全に無縁という状態にはなり得ません。

そもそも治療とは何でしょう?100%安全な治療って存在するのでしょうか?
お気づきの通り100%の安全はあり得ません。(そのために国家資格があるとも言えるのですが…)
言い換えれば治療とは「一定の効果がある代わりにある程度の危険(リスク)を伴う」とも言えます。

では、医療過誤とはどこからどこまでの事を言うのでしょうか?
過誤は「危険」が「ある程度の危険」の結果を上回った場合に起きるのでしょうが、「ある程度」とはどのくらいでしょうか?
たとえば、灸の場合、代表的な過誤として「熱傷」があります。
灸の場合は意図して小さなヤケドをさせますのが、このヤケドは過誤になるのでしょうか?
灸頭針などで、灸が落ちてヤケドした場合などは過誤になるのでしょうか?
灸あたりは過誤になるのでしょうか?

いずれも感覚的には分かると思いますが、判断が難しい部分があります。
たとえば灸あたりの場合、患者さんの体質の問題もあったかもしれませんし、刺激量を読み違えたのかもしれません。
同じヤケドでも糖尿病の患者さんの場合、ヤケドが治りにくい場合があります。これも場合によっては過誤になってしまうかもしれません。

いずれにしても、医療過誤を防ぐためには「患者さんに健康被害が出たら過誤と言われてしまう」と感覚で施術に臨めば過誤は防げるでしょう。かといって、ビクビクしながら施術をしても「効果がない」と言われてしまいますので、慎重に施術しましょうね。

また、本当に過誤かどうかの判断が難しいこともありますが、まずは患者さんとコミュニケーションを取りお互いに信頼関係で結ばれるようにしておくことが、一番の過誤防止ではないでしょうか?患者さんから信頼され、安心していただき、何かあっても患者さんに「過誤じゃない」と言ってもらえれば、過誤が過誤でなくなることもあります。

まずはコミュニケーションを大切にしてみてください。
今後、個別の過誤事例は機会をみてご紹介していきます。

領収書ってなに?

日頃、何気なく扱っている「領収書」ですが、これって何なんでしょうか?



良く考えてみると分からないことが多いものかもしれません。
・金額の前後ろに「¥」や「-」を書いて、改ざんされないようにする。
・日付を書かなけれないけない

などは当たり前のように知られていますが、領収書は何のために書いているか知った上で発行していますか?
領収書は「商品やサービスの代金・料金を支払ったことを証明し、支払済みの代金・料金の再請求されることを防ぐもの」です。
つまり、領収書は代金や料金を支払う側にとって有益な文書です。言い換えれば患者さんのためになる文書を発行していることになります。

これが、汚い字で全く読めないとどうなるか…
確定申告で医療費控除をしようとしても、「金額が分からなかったり、どこに支払ったわからない」という事態が起きます。
また、でたらめな金額を書いたり、空の領収書を渡すとどうなるか?
当然、払っていない医療費を計上して医療費控除を受ければ犯罪になります。

気軽に渡してしまいがちな紙ではありますが、こうなってしまうと患者さんに大変な迷惑をかけてしまいます。
領収書は1枚1枚大変ですが、しっかりと読めるように書きましょう。

インフォームドコンセントの第一歩(その2)

皆さんは、診療中に名前や資格名を明記した名札やバッジをされていますか?
あるいは、初検の患者さんと名刺交換をしたことがありますか?

先日もお伝えした通り、免許証を持っていることを証明するカードが発行されます。
(はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の免許証そのものが運転免許証サイズになればもっと使い勝手はよいハズなのですが…)

この必要性を感じられた方、感じられなかった方それぞれかと思いますが、今回は患者さんの目線でこのニュースを考えてみたいと思います。

初対面の相手と会ったとき、まず自己紹介をしない人はいないでしょう。
ビジネスの場では、名刺交換と自己紹介から始まるのが当たり前ですね。



さて、医療現場ではどうでしょうか?
はじめての患者さんとどんな風に接しているでしょうか。

私自身の受診経験を振り返ってみても、「医師の○○です」とか「はり師の▲▲です」と言ってもらったことは「ほぼ」なかったなぁと思います。

どんな人に施術してもらうのか。
今までの日本人は医療や医療従事者に対する絶対的な信頼感を持っていましたので、「おまかせします」という感覚の患者さんが多かったのは事実です。
なので、担当者の氏名を知らなくても特別不安に思うこともなかったですし、「自分のこととはいえ、お医者様に要望を言うなんて・・・」という感じで、医師や医療従事者の言うがままということがほとんどでした。同じような感覚であはき師に対しても「お任せします」という患者さんが多かったのではないでしょうか?

しかし、今はどうでしょう?
患者さんの意識は大きく変わりました。
医療=サービス業のひとつ といった捉え方をする人も少なくありません。

どんな人なのか。
どんな治療なのか。
そもそも有資格者なのか。

「人 対 人」の基本的な関わりを患者さんは当たり前に求めているはずです。

話をカード型証明証の導入に戻しましょう。

患者さんが皆さんの元へ来院する場合にはその場に鍼灸師などが居る、という前提が患者さんの気持ちの中に(頭の中に)成り立っていますので、施術中に免許証を提示するという必要性はあまりないでしょう。

ところが、往療の場合はどうかというと、施術所の中のような掲示物がありませんので自宅に来てくれた医療者が誰なのか、ちゃんとした有資格者なのか、といった情報を得ることが困難な状態で施術を受けることになります。
残念なことに、無資格者の施術が後を絶たない状況を考えてみても、皆さんたちの身分を明らかにすることで患者さんに安心した施術を提供することができると言えます。

立場をキチンと明かすことは、患者さんに理解してもらい安心してもらうという意味ではインフォームドコンセントの第一歩です。
今回のカード型免許証導入は、こうした患者さん目線でのメリットも大いに考えられると感じられました。


鍼灸サポートでは、オリジナル名刺、名札の作成や施術者の紹介ポスター等の作成も承っています。
ぜひご相談ください。

インフォームドコンセントの第一歩

先日「あはき師に免許証所有の証明カードが発行されることになった」というニュースがありました。
これまでのB4版の免許証に加えて、免許を持っていることを証明するカードが発行されるとのこと。

ところで、患者さんは有資格者と無資格者の違いって分かるのでしょうか?
患者さんに分かるように説明できますか?

「保険」という条件を使わずに資格制度のことを知らない患者さんに「伝わる」説明を考えてみてください。
もちろん「国家資格を持っているか、いないか」ではダメです。どのように違いがあり、どのようなメリット、デメリットがあるのかまでキチンと説明できるよう考えてみてください。また、他の職種を貶めるような言葉も使わないでくださいね。


これが正解という答えはないのですが、なかなか難しいものだと思います。
でも、こういった説明ができるようになり、患者さんの理解が得られるようになることがインフォームドコンセントの第一歩となります。

難しいと思う説明を考えるのは寝る前の10分間でもできます。
毎日トレーニングすることで、スラスラと答えが出るようにもなりますので、お試しあれ。